高齢者医療へ期待すること

進む高齢化社会とその課題

高齢者急増での懸念

緊急で医療を施す必要がある患者を救いたいと思っている医師や看護師は数多いことでしょう。
病院に患者が運ばれてきたからには何とかして患者を救いたいと思っているのが見て取れて、患者の希望を紡ぎ出したい想いの強さが窺えます。救急車内の医療人が患者の命をつなぎ留めるための医療行為をしていることから、その医療人の意志を継ごうとする気持ちを抱いているのが察せられるのです。
 
救急車内で患者に医療行為をすることを誇りに感じている医療人が多いと考えられます。予断を許さない患者を助けたい気持ちの強固さが感じられて、自分が適切でかつ迅速な医療を患者に提供することで、患者を病院につなぎ留められることを理解しているのが伝わってくるのです。患者の未来を形作るのは自分の手に掛かっていると思っているのが窺えて、患者に医療行為をするときに医療の力を患者に注ぎ込むような感じが見受けられます。高齢化社会が進んでいることで高齢患者の増加が予想されて、高齢患者による救急搬送が増えることを予感している医療人は少なくないと思うのです。だからこそ救急搬送の質向上が必要になってくると感じてきます。

しっかりとした医療システムが確立されることで、患者の救急搬送時に病院のたらい回しが激減すると感じるのです。たらい回しが改善されることで患者の命を救うことに直結していき、医師が患者の命を救うことができなかった悔しさを感じることが無くなります。患者の立場に立った医療システムがあることで、患者を守り通すことにつながるのです。たらい回しの払拭が医療人の悲願であり、理想とする医療体制を敷くことに直結していきます。高齢者急増となった折には、独居老人がとても増えることが考えられます。わがままを言うかもしれないし、手遅れ寸前かもしれない。けれど決して高齢者をたらい回しにすることがないよう日々工夫と研究を続けてほしいと思います。